ファミリーピンボール【FC】対戦が燃える!ナムコ版

ファミリーピンボール

ナムコのファミリーシリーズ7作目。スポーツ以外では珍しいテーブルゲーム、ファミリーピンボール。
他ゲームのキャラクターを登場させたりと工夫もあるが、地味なゲームだけにもうひとヒネリ欲しかったところ。

機種ファミリーコンピュータ
メーカーナムコ
ジャンルテーブル
発売日1989年3月24日
価格4,900円
容量1.5M
スポンサーリンク

ゲーム概要

7種類のピンボール台を使って遊ぶゲームが4パターン、プレイヤーは、フリッパーの大きさや反発力などの違いがある6人のナムコキャラクターから選択してゲームスタート。

ゲームクリア

なるべく穴に落ちないように高得点を競う。フリッパー、スポーツでは対戦相手に勝利する。

ゲームオーバー

ボールがフリッパーの下の穴に落ちたらワンミス。フリッパー、スポーツでは対戦相手に敗北するとゲームオーバー。

キャラクター

パックマン

普通のピンボールゲームと同様にボールが下に落ちないようにフリッパーで打ち返して得点を競うゲーム。プレイ人数1~4人。

9ボール

まず金額を掛けて9つのボールを打ちビンゴすると掛け金×役の金額がもらえる。
5ゲーム制。

バトルフリッパー

好きなキャラクターを選択して対人、COMと対戦するスポーツタイプのピンボール。
3セットで2セット、5セットで3セット、7セットで4セット制から選択。

十字キーの上下でフリッパーを移動。
Aボタンでフリッパーの左回転、Bボタンで右回転。

スポーツ

サッカータイプとホッケータイプから選択できるバトルフリッパーのアレンジゲーム。

コントローラー操作

十字ボタン左 左フリッパー操作
下 レバーを引く
Aボタン右フリッパー操作
Bボタン台揺らし
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

BGM

まあBGMがないよりはあったほうが良いのですが、とりたててコレっていう特徴はないですかね。
当時のナムコファミリーシリーズと同様の仕上がりです。

ファミリーピンボールの裏技

タイトル画面でコントローラー2を使って各コマンドを入力する。

ナインボールがテンボールに

B、左、右、A、上、下の順番に押す。

バトルフリッパーで両方のフリッパーを動かす

上、A、右、B、下、左の順番に押す。

パックマンで右を1P左を2Pで操作

A、下、上、右、左、Bの順番に押す。

フリッパーの反発を最大にする

下、B、左、右、上、Aの順番に押す。

パックマンでボールを5個にする

左、右、A、下、B、上の順番に押す。

パックマンで下を1P上を2Pで操作

右、上、B、左、A、下の順番に押す。

ゲームレビュー

ピンボールと言えばファミコン初期の任天堂のソフトが有名ですが、こちらはナムコから発売されたファミリーシリーズのピンボールです。

さすがに初期に発売された任天堂のピンボールから進化していてゲームの種類、キャラクターの選択、BGMの追加などがあります。

操作方法は、Aボタンで右フリッパー、十字キーの左で左フリッパーと任天堂版を踏襲しています。

実際にプレイしてみた感覚なのですが、任天堂のピンボールのほうがボールの動きがリアルで臨場感があり、2画面分あったり、マリオが登場したりとゲーム性にも富んでいるように思えました。

評価できる点

ピンボールという極めてシンプルなゲームを4つのゲームにして他ゲームのキャラクターを登場させてナムコらしい演出があります。

面白いのは何と言ってもスポーツです。
エアホッケーみたいなスピード感があり、対戦は特に熱くなります。

マイナスな点

ゲームは4つあるのですが、単純なゲームなので結構飽きるのが早かったです。
またスポーツ以外は盛り上がりにも欠ける印象です。

独断評価チャート

ふぇみりーピンボールの評価チャート

まとめ

ナムコの別ゲームの人気キャラクターを登場させるまでは良かったのですが、それがピンボールのプレイ画面には一切登場しないのは面白みに欠けるかな。ナムコだったらもっと奇想天外なピンボールを制作して欲しかったところ。

そこそこは遊べますが、ナムコのファミリーシリーズの中ではマイナーで他の人気タイトルに埋もれてしまっている感があります。

created by Rinker
ナムコ
¥13(2023/02/02 23:02:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました